中島 敦

『山月記』 中島敦 江守徹の朗読

『山月記』について 山月記は、昭和17年(1942)に発表された中島敦の短編小説です。精緻な文章から今でも高校の国語の教科書などに掲載されることが多いので知名度が高いですね。漢文を書き下ろしたような文章は読むのは難解ですが、聞くと耳に心地よいです…

『山月記』 中島敦 わずか8か月の輝き 

(Wikipedia引用) わずか8か月の輝き文学史に流れて消えた彗星 文芸史に名を残した中島敦 今回は、芥川賞候補となり『山月記』『李陵』などの名作を生んだことで昭和の文芸史に名を残した中島敦(なかじまあつし)についてです。 作品は、漢文的な書き方で…