読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

司馬遼太郎

菜の花の沖(二) 司馬遼太郎 嘉兵衛、船を持つ

あらすじ 江戸時代後期、日露関係のはざまで奇数な運命をたどった高田屋嘉兵衛の生涯を克明に描いた雄大なロマン。(全六冊) 海産物の宝庫である蝦夷地からの商品の需要はかぎりなくあった。そこへは千石積の巨船が日本海の荒波を蹴たてて往き来している。…

菜の花の沖(一) 司馬遼太郎

あらすじ 江戸後期、淡路島の貧家に生まれた高田屋嘉兵衛は、悲惨な境遇から海の男として身を起し、ついには北辺の蝦夷・千島の海で活躍する偉大な商人に成長してゆく。沸騰する商品経済を内包しつつも頑なに国をとざし続ける日本と、南下する大国ロシアとの…

ロシアについて 司馬遼太郎

ロシアについて―北方の原形 (文春文庫) 作者: 司馬遼太郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 1989/06 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 8回 この商品を含むブログ (28件) を見る この巨大な国と日本は出会いの時から、誤解を積み重ねてきた。歴史を検証…