吉村 昭

桜田門外ノ変 吉村 昭

吉村昭の『桜田門外ノ変』 安政七年(1860年)三月三日、雪にけむる江戸城桜田門外に轟いた一発の銃声と激しい斬りあいが、幕末の日本に大きな転機をもたらした。安政の大獄、無勅許の開国等で独断専行する井伊大老を暗殺したこの事件を機に、水戸藩におこって…

縁起のいい客 吉村 昭 

縁起のいい客 (文春文庫 (よ1-44)) 作者: 吉村昭 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2006/01/10 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (6件) を見る 「脚」で書く作家 吉村ファンにはうれしい一冊でしょう。エッセイ集ですが、先日テレビでや…