太宰 治

『貨幣』 太宰治の経済学 

マルクスやケインズも望んだであろう太宰治の経済学 『貨幣』あらすじ 「私は、七七八五一号の百円紙幣です」で始まるこの小説は、貨幣を女性に見立てた異色作です。巡り巡って酔いどれの陸軍大尉の手に渡った私が ... 。「ああ、欲望よ、去れ。虚栄よ、去れ…

太宰治の人と文学 ① 津軽屈指の大地主の子として生まれて

太宰治の人と文学 相手に語りかける話体 太宰の文学はどんな小説でも、君よ、あなたよ、読者よと直接作者が呼びかけてくる潜在的二人称の文体で書かれている。この文体に接すると読者は、まるで自分ひとりに話しかけられているような、心の秘密を打ち明けら…

『女生徒』 太宰 治 川端康成らも絶賛した作品

女生徒の或る一日をのびのびと、感受性豊かに描いた太宰文学 女生徒 (角川文庫) 作者: 太宰治 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 1997/06 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 13回 この商品を含むブログ (52件) を見る 読者の日記に基づいて執筆 「女生徒…

『人間失格』 やっぱり太宰治はすごかった

太宰治、捨て身の問題作『人間失格』を書くために生れてきた 人間失格 (集英社文庫) 作者: 太宰治 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 1990/11/20 メディア: 文庫 購入: 15人 クリック: 506回 この商品を含むブログ (284件) を見る あらすじ 太宰治の代表作の…

『富嶽百景』 太宰 治 「富士には月見草がよく似合う」

苦しい時期の太宰治の心境を富士にたとえて語る佳作『富嶽百景』 浮上のきっかけを掴む富士 富嶽百景は、太宰が29歳のときの自身の生活を綴った私小説です。20代前半に華々しく文壇デビューしたものの、当時の太宰は私生活や作品づくりに問題を抱え、芥川賞…

『ヴィヨンの妻』 太宰 治

燦然と輝く栄光の中で絶望と死を彷徨った悲しき天才 『ヴィヨンの妻』あらすじ 病弱な4歳の息子と、酒を飲んでばかりの夫を待つ「私」。いつも通り、夜中に帰ってきた夫は、珍しく子どもの心配をするなど、妙に優しい。その時、1組の夫婦が家に乗り込んで…