芥川龍之介

『羅生門』 芥川龍之介 近藤サトの朗読が秀逸

下人の行方は、誰も知らない ... 『羅生門』 芥川龍之介 京の都が、天災や飢饉でさびれすさんでいた頃。荒れはてた羅生門に運びこまれた死人の髪の毛を一本一本とひき抜いている老婆を目撃した男が、餓死か盗人になるか、生きのびる道を見つける。そして漆黒…

『河童・或阿呆の一生』 芥川龍之介

(Wikipedia) 芥川龍之介 本名同じ。1892年(明治25年)東京生まれ。東大在学中、23歳の時に『羅生門』で文壇デビューし、夏目漱石門下となる。現実を巧みな技法で描き、菊地寛らとともに「新技巧派」と呼ばれた。その後『地獄変』『蜘蛛の糸』などの傑作を次…