芥川龍之介

『文豪と暮らし』 芥川龍之介も愛した銀座のカフェ

現存する日本最古の「喫茶店」カフェーパウリスタは文豪たちに愛された場所 文豪と暮らし~彼らが愛した物・食・場所~ 作者: 開発社 出版社/メーカー: 創藝社 発売日: 2017/06/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 創業は明治44…

『蜜柑』 芥川龍之介 薄汚れた小娘は、その時 ...

舞踏会・蜜柑 (角川文庫) 作者: 芥川龍之介 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 1968/10/01 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 19回 この商品を含むブログ (3件) を見る 芥川龍之介の体験を小説に この作品は、芥川龍之介本人の体験を小説としてまとめたも…

『蜘蛛の糸』 芥川龍之介

人間の本質を知りたければ 芥川龍之介です 地獄に落ちた男が、やっとのことでつかんだ一条の救いの糸。ところが自分だけが助かりたいというエゴイズムのために、またもや地獄に落ちてしまう ... 「天国と地獄」を示す、この話の材源は、ドイツ生まれのアメリ…

『羅生門』 芥川龍之介 近藤サトの朗読が秀逸

下人の行方は、誰も知らない ... 『羅生門』 芥川龍之介 京の都が、天災や飢饉でさびれすさんでいた頃。荒れはてた羅生門に運びこまれた死人の髪の毛を一本一本とひき抜いている老婆を目撃した男が、餓死か盗人になるか、生きのびる道を見つける。そして漆黒…

『河童・或阿呆の一生』 芥川龍之介

(Wikipedia) 芥川龍之介 本名同じ。1892年(明治25年)東京生まれ。東大在学中、23歳の時に『羅生門』で文壇デビューし、夏目漱石門下となる。現実を巧みな技法で描き、菊地寛らとともに「新技巧派」と呼ばれた。その後『地獄変』『蜘蛛の糸』などの傑作を次…