『ソクラテスの弁明・クリトン』

 

生涯一度も本を書いていない哲学者

 ソクラテス(紀元前469年頃~399年)は対話を重んじ、生涯に一度も本を書いていないんです。釈迦や孔子と同じですね。でもソクラテスの思想には弟子のプラトンアリストテレスを通じて間接的に触れることができます。

 

無知の知」を知る

 ソクラテスが生きていたころのギリシャアテネでは、お金をもらって弁論術を教える職業があり、ソフィストと呼ばれていました。特にアテネは世界最初の民主制を導入していたので、民衆の政治参加が盛んであり、言論や説得技術、レトリックの習得などに大変熱心でした。そこに目をつけたのがソフィストたちです。
 弁論術を教えると言いながら、富裕層の子息などを相手に屁理屈や詭弁を教えたのです。あたかも知っているかのように物事を話すので、ソフィストは世間から人心を惑わす輩と言われ、非難の対象となった。ソフィストたちを批判する急先鋒がソクラテスでした。ソクラテスの「無知の知」はソフィストの対極の考え方です。
ソフィスト:詭弁家。知っているようで知らない人たち
ソクラテス:知らないことを認める
 知らないと意識したほうが、真理に接近できます。新しいことを知る機会が増えるからです。そうすることでソクラテスが提唱する「善く生きる」ことができるのです。

 

ソクラテスの弁明

 ソクラテスソフィストたちを無知だと言い募ったため、彼らからの反発によって告発されてしまいます。公開裁判にかけられたソクラテスはのちにプラトンが「ソクラテスの弁明」として書き残した弁明を行い、自説を決して曲げることはありませんでした。結果として、有罪とされ死刑を言い渡されます。

 

自分の知識は完全でない

 ソクラテスのもう一つのテーマである「汝を知れ」は、彼の持ちこんだ哲学の大きな課題です。自分の知識は完全でないと自覚していることが、知恵者を自任したり演じたりしている人より優れていると言うソクラテス。物事に対して「無知である」として接した方が、謙虚になり真実を究めることになります。学ぶ意欲も高まり、より良き深い人生を作ることができます。「無知である自分を知る」とする姿勢が求められます。

 

死は一種の幸福である

 死刑を言い渡されたソクラテスは、死は一種の幸福であるという。死ぬとは全然たる虚無に帰することを意味し、また死者は何ものについても何らの感覚を持たないか、それは一種の更生であり、この世からあの世への霊魂の移転であるか。またもしそれがすべての感覚の消失であり、夢一つさえ見ない眠りに等しいものならば、死は驚嘆すべき利得といえると。

 

「経営者のためのリベラルアーツ入門」より引用

ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫)

ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫)