映画「ハドソン川の奇跡」

 

 

監督 クリント・イーストウッド
主演 トム・ハンクス
配給 ワーナー・ブラザース映画

第90回キネマ旬報外国映画ベストテン第1位
外国映画監督賞受賞

 

その日、英雄は容疑者になった

2009年1月15日、極寒のニューヨーク上空850mで155名を乗せた航空機を突如襲った全エンジン停止事故。160万人が住む大都会の真上で、制御不能の70トンの機体は高速で墜落していく。近くの空港に着陸するよう管制室から指示がある中、機長サリーはそれを不可と判断し、ハドソン川への不時着を決断。事故発生からわずか208秒の事だった。航空史上誰も予想しえない絶望的な状況の中、技術的に難易度の高い水面への不時着を見事に成功させ、” 全員生存 ”の偉業を成し遂げる。その偉業は「ハドソン川の奇跡」と呼ばれ、サリーは一躍英雄として称賛される ― はずだった。ところが、機長の ” 究極の決断 ” に思わぬ疑惑が掛けられてしまう。

 

遅れても災難よりまし A delay better than disaster.

実際の事故については当時、ニュースで見た覚えがあるが、鳥を吸い込んで両方のエンジンが停止してしまうアクシデントに。機長の素早い判断で乗客全員の命を救い、一躍ヒーローになるも事故調査委員会による追求は、機長を追い詰めていく。不時着以外の選択肢はなかったのか? それは乗客たちを命の危険にさらす無謀な判断ではなかったのか? シミュレーションによる検証がはじまる。映画の後半は裁判ドラマのようで緊張感が湧いてくる。そしてコンピューターでの検証だけでは足りない、人間の経験に基づく、尊い最終判断が明暗を分けた。映画の中で機長が、マニュアルに貼ってある中華料理店で引き当てた「おみくじ」を見るシーンがある。そこには「遅れても災難よりまし」と。その意味は「料理に少し時間がかかるけど、マズいよりいいでしょう」ということらしい。時刻表より安全が先、遅れても着かないよりまし、という世界一安全といわれるカンタス航空のたった一言の基本方針と同じだった