東大教授が教える独学勉強法

 

東大教授が教える独学勉強法

東大教授が教える独学勉強法

 

 

高校へ行かず、通信制大学から東大教授になった、自らの体験に基づく、いま本当に必要な学び方。学者・研究者になりたい人はもとより、資格試験合格を目指す人、趣味を極めたい人、もう一度学び直したい人等々、あらゆる向学心に応える本。

 

なぜ人は勉強するのか

独学は、学び方の基本であり、進路を変更したい、職場を替えたい、生き方を変えてみたい、そんなことを考えている人には、独学がおすすめ。勉強とは人生方向転換をするための手段なのです。
私たちは何のために勉強するのか。それは生きていくための知恵を身につけるため。例えば、人間が生きていくには、選択を迫られる場面が何度も出てきます。そういう場面において、「少し自信を持って決められるようになる」というのが本来の勉強の目的であり、成果だと思う。

 

勉強の本質は「考えること」

ネットやモバイル機器が発達したことで、勉強の形は変化しているが、勉強の本質が変わったわけではなく、深く考えることの重要性のウエイトが高まってきている。自分の人生に役に立つ、人生が豊かになっていく学び方が必要。

 

答えのある問いから答えの無い問いへ

高校までの勉強というのは、必ずどこかに正解がありました。受験勉強もまた、正解か不正解かしかない世界です。しかし、実際には深く勉強していけばいくほど、正解がないというケースがあちこちに出てきます。学者が研究している問題のほとんどは、はっきりした答えというものはありません。答えのない問いに自分なりの答えを見つける勉強が必要になります。

 

独学のメリット

独学とは、自分が学びたいことを自分のペースで学び、考えていくことです。自分に合った教材を選べることも。また、すぐに人に聞けないから、自分で考えるクセがつきます。

 

本の読み方(読書法)

まず、本の中に正解を探さないということ。新聞などを読んでいても、書いてあることをそのまま鵜呑みにして信用しない。なんでも疑問を持って、疑ってかかるクセをつけてみる。疑問を持つことでいろいろな発展が考えられる。本というのは、あくまで読者が自分で考えていくための材料ででしかなく、本を読むのが大事だと言われるのは、書かれている内容に対して、自分がどう思うか、どう考えるか、疑問をぶつけていくことで自分なりの考えを深めていけるからです。

 

学びの成果をアウトプットする

人に伝えようとすることで学びはさらに深まる。学びの成果を文章にして、第三者に伝えるという作業で、自分がいかに理解できていないかがわかり、結果的に自分の理解度も深まります。ブログやSNSで自分の考えを発表するという方法もあります。その際は、「自分の言葉で書く」ということです。また中学生やお母さんにも理解できるように「やさしく書く」こと。

 

 

 

私の独学経験について (このブログの中の人の話)

そういえば、自分でもこれまでに独学の経験があります。一つは、中学生の時。小学生の頃から電気関係(電子工学?)に興味を持ち、中学になって同級生4人で無線技士の国家試験を受けました。試験は電波法規と無線工学の二科目。通信教育でコツコツ勉強した覚えがあります。結果は真面目に?勉強した自分だけが合格でした。そして次は、大学生になってから友人と二人で通った簿記の夏期講習。大学での授業がなかなか理解できず、専門学校で基礎から学ぼうと。さすが専門学校での教え方はわかりやすく、こんなにも教え方ひとつで理解度や学ぶ楽しさが違うんだな、と感心した覚えがあります。

まだあります。次は大学卒業と同時に始めた、GIA(米国宝石学会)の資格取得のための独学です。アメリカの宝石鑑定士の試験を受けるための通信教育ですが、これは働きながらの勉強だったので取得に3年くらいかかりました。実際の鑑別実習については短期通学になります。学習内容は、鉱物学から物理学、研磨、流通やシンジケートなど広範囲にわたっています。最終試験は筆記試験とダイヤモンドのグレーディングテスト、それにカラーストーンの鑑別試験。実技試験については全問正解が合格ラインで、一つでも間違うと再試験に。ここで、どうしてこの勉強(業界)を選んだのか、に触れておきます。 それは就職活動でのこと。特に興味があったわけでもないミキモトの企業説明会へ行く機会がありました。圧倒的に女子学生の人気が高く、また華やかに見える、こんな業界があるんだなと、この時に知りました。資格のことも、ここの説明会で知り、取得のきっかけになったんです。

小さい頃にラジオに興味を持ち、なぜこの四角い箱から音楽が聴こえ、人の声が聞こえてくるのか、と不思議に思ったことが動機でした。その頃、なぜ飛行機が空を飛ぶのか、に興味をもっていたら、きっと航空宇宙工学などを考えたかもしれません。そして簿記の学習については、あくまでも大学での授業の補完のためでした。宝石鑑定士の勉強は、きっと女の子にモテたかったのかもしれません。女性の多い業界ですから。

さて、それから数十年たった今、また独学での刺激が忘れられず? 勉強を復活。それもちょっと急ぎ足で。なぜって、残り時間に限りがありますから。いい歳なんです。『太平記』の中の右小弁俊基の獄中生活で「読みたい本(経)があるので、それが終わるまで処刑を待ってくれ」という一節。そんな気分なのかもしれない。