映画「ある天文学者の恋文」


世界に配信された、著名な天文学者の訃報
だが、恋人のもとには彼からの
メッセージが届き続ける
天文学者が仕掛けた永遠の愛とは?

 

壮大でロマンに満ちたテーマ

一人の天文学者が恋人に遺した ”謎” をめぐる物語。数十億年前に死してなお、地球に光を届ける星々のように、命尽きても、我々の愛は大切な人たちの行く先を照らし続けることができるのか。そんな壮大でロマンに満ちたテーマを、イタリアの名匠トルナトーレが描きあげる。

 

エンニオ・モリコーネの優美な旋律にのせて

天文学者のエドには英国が誇るアカデミー賞俳優ジェレミー・アイアンズ。彼の恋人エイミーには、『007 慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコアカデミー賞作曲家のエンニオ・モリコーネの心のひだに触れる優美な旋律にのせて描かれるのは、次第に明かされていくエドの本当の想いとエイミーの過去の秘密。天文学者が仕掛けた”謎”がすべて解き明かされる時、極上のミステリーは美しくも切ない”永遠の愛”の物語へと輝きを変えていく

 

” しゃべるな ” に水を差されて

ニュー・シネマ・パラダイスジュゼッペ・トルナトーレ監督に、エンニオ・モリコーネの組み合わせなので期待値が上がる。これでもかというほどの映画予告も終わり、さあこれから本編という時、カップルの話し声が ... そばにいたオヤジが ”しゃべるな”と一喝。そのひと声で館内に緊張感が走る。水を差されてしまった感が。
さて、映画の冒頭から熱い抱擁で始まり、その直後に天文学者のエドが失踪。そこから頻繁に iPhoneでのやり取りが続く。エドと恋人とのメールでのやりとり、後半はビデオメールと、恋人のエイミーはほとんど一人芝居。現代の通信システムをフルに活用した恋愛ミステリー?なのでした。歳の差がある天文学者エドと恋人エイミー。メールは来るのに既に亡くなっていると聞かされるが、その後も星の光のように過去から愛が届く ... 。
しかし、映画の途中に出てきた、もの言いたげな犬や、まとわりつく枯葉、寄ってくる鳥など、これらに何か特別な意味はあったのか?不可解である。 そして、せっかくのエンニオ・モリコーネの音楽も、あまり生かされていないような印象。期待値が高かっただけにやや物足りない。やっぱり水を差されたか?

ある天文学者の恋文 [Blu-ray]

ある天文学者の恋文 [Blu-ray]