国境のない生き方 私をつくった本と旅

 


14歳で欧州一人旅、17歳でイタリア留学

住んだところは、イタリア、シリア、ポルトガル
アメリカ。旅した国は数知れず

ビンボーも挫折も経験し
地球のあちこちで生きてきた漫画家をつくったのは
たくさんの本と、旅と、人との出会いだった

古今東西の名著から知られざる傑作小説まで
著者が人生を共に歩んできた本を
縦糸に綴る体験的人生論

 

 

地図のサイズを変えてみる

この本は人から紹介されて読んだもの。代表作「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリは筋金入りの旅人だ。そして根っからの本好き。この人から本と旅を取ったら何も残らなくなってしまうくらい。
いまでも旅を続けるヤマザキマリの現住所は地球だという。持っている地図のサイズを変えてみる。なぜ生きていくのかとか、仕事がどうとか、人間関係がどうだとか、私にいわせれば、そんなものは、あとからなすりつけたハナクソみたいなものだと。
本書は自身のトピックスを12章に分け、いまの著者をつくった、それぞれの書籍を紹介している。以下は、取り上げられている主なもの。

ラーゲルレーヴ「ニルスのふしぎな旅
雑誌「暮しの手帖
安部公房「けものたちは故郷をめざす」
大岡昇平「野火」
開高健「夏の闇」
ガルシア・マルケス百年の孤独
マヌエルプイグ「蜘蛛女のキス」
小松左京日本沈没
アルセーニエフ「デルス・ウザーラ沿海州探検行」
つげ義春「ゲンセンカン主人」
島尾敏雄「死の棘」
アラビアンナイト
千夜一夜物語
三島由紀夫豊饒の海
高野文子「黄色い本ジャック・チボーという名の友人」
ロジェ・マルタン・デュ・ガール「チボー家の人々
学習百科図鑑「昆虫の図鑑」

 

満身創痍に沁みる一行

とにかく貪るように本を読んだし、あんな読書は後にも先にもない。活字こそが、限度を超える貧乏学生暮らしをなんとかやりくりしていた、あの頃の私の支えでした。あれはもう、ただの読書ではなかった。自分を支える言葉を見つけたくて、すがるような気持ちで真剣に読んだからこそ、一行一行が骨身に沁みるようでした。本だけじゃない、そこで出会ったひとたちが、のちの私をつくるたくさんの種をまいてくれたのです

 

「ボーダー」を越えていく力

実際に人が生きていく時には、自分が生きているコミュニティーの制度とか文化とか、価値観とのせめぎ合いから完全に逃れることは難しい。人は社会的な生き物でもある。そういう中で人が押しつぶされることなく、その人本来の生き方をまっとうするには、どうしたらいいのか。
私は、その手立てのひとつが「教養を身につけること」ではないかと思っています。何かを矯正されそうになった時に、「でもこういう考え方もある」「まだ、こういう見方もできる」と、「ボーダー」を越えていく力。
プリニウスハドリアヌスも、それを持っていたのではないか。だからこそ「対話し続けること」を選んだ。教養もまた、人を本来の姿へと導いてくれる、ひとつの自然なのだと思います。