『ふたつめのボールのようなことば。』 糸井重里

 

糸井重里
詩的で、哲学的で
わかりやすいことば

 

ひとりでもやる

「ひとりでもやる」って開き直ると、別のひとりが集まってくる

 
カッパは待っている

じぶんがカッパだとしたらさ
川のほとりにしゃがみこんで、なにを待つと思う?
カッパだよ
じぶん以外のカッパを待つと思うよ、さみしいからね

 
暗闇なんかない

暗闇なんかない、「想像力」があれば

 
「はたらきたい」と「あそびたい」

「はたらきたい」と「あそびたい」は、睦まじい夫婦だよ

 
素人

なにかの領域の「プロフェッショナル」だということは
別のことについての「素人」であるとも言えます
博士であれ教授であれ王であれ大臣であれ
ほとんどのことについては「素人」です
いや、メインの領域でさえも「素人でもある」はずです