きょうも読書

言葉の迷路を彷徨う

漢字の少ない文章のほうが読みやすい

 

ひらがなを多くすると格段に読みやすい文章になる

 

 

f:id:muchacafe:20180921133803j:plain

 

 

ひらがなが多い文章は早く読める

 漢字の多い文章は単に読みずらいだけでなく、堅苦しさや仰々しさが感じられる。逆に、ひらがなの多い文章は読みやすく、そして早く読むことができる。これは読み手への気づかいであり、ストレスを感じさせない配慮でもある。
 ある言葉を漢字で書くか、ひらがなで書くかを適切に判断するのは簡単なようでむずかしい。日ごろよく使う言葉で漢字ではなく、ひらがなで書くのが一般的なものをまとめてみた。読みかけの文庫本や新書をあらためてそういう観点で見てみるのも参考になるだろう。

 漢字の多い文章
利用者は限られた時間ので、有益な情報に素早く辿り着くを目的に、検索サービスを利用して居ます例えば「〇〇うどん」と言う店名だけで無く、「〇〇うどん 住所」「〇〇うどん 地図」と言った一層具体的な言葉の組み合わせで検索する傾向が有ります。

適度にひらがなの多い文章
利用者は限られた時間のなかで、有益な情報に素早くたどり着くことを目的に、検索サービスを利用していますたとえば「〇〇うどん」という店名だけでなく、「〇〇うどん 住所」「〇〇うどん 地図」といったいっそう具体的な言葉の組み合わせで検索する傾向があります。

*下記の「web文章入門」より

 

ひらがなが一般的な言葉

という事 → ということ  
という物 → というもの
その為 → そのため  
その様に → そのように
その時 → そのとき
その他 → そのほか
その上 → そのうえ
何故 → なぜ
如何に → いかに
僕 → ぼく
私達 → 私たち
我々 → われわれ
貴方/貴女 → あなた
或いは → あるいは
及び → および
即ち → すなわち
但し → ただし
尚 → なお
今更 → 今さら/いまさら
更に → さらに
敢えて → あえて
余り → あまり
予め → あらかじめ
有る → ある
改めて → あらためて
併せて → あわせて
言う → いう
致します → いたします
頂く → いただく
至って → いたって
一旦 → いったん
未だ → いまだ
居る → いる
色々 → いろいろ
嬉しい → うれしい
恐らく → おそらく
且つ → かつ
下さい → ください
位 → くらい
頃 → ころ
迄 → まで
先程 → 先ほど/さきほど
様々 → さまざま
難しい → むずかしい
従って → したがって
暫く → しばらく
既に → すでに
全て → すべて
全く → まったく
是非 → ぜひ
最も → もっとも
分かる → わかる
沢山 → たくさん
例えば → たとえば
丁度 → ちょうど
遂に → ついに
繋げる → つなげる
出来る → できる
通り → とおり
共に → ともに
無い → ない
一つ → ひとつ
二つ → ふたつ
一人 → ひとり
方 → ほう
殆ど → ほとんど
先ず → まず
又は → または
良い → よい
僅か → わずか
後で → あとで
後ほど → のちほど
上手く → うまく
面白い → おもしろい
愉しむ/楽しむ → たのしむ
極めて → きわめて
過ぎる → すぎる
大変 → たいへん
使う → つかう
作る → つくる
付ける → つける
続く → つづく
何となく → なんとなく
始め/初め → はじめ
久々 → ひさびさ
真面目 → まじめ

 

 

 参考「公用文における漢字使用等について」

①代名詞はかな書きする
(例)ぼく あなた あれ これ それ だれ どれ ここ そこ
*ただし、私 彼 彼女は漢字で書く。 

②形式名詞はかな書きする
(例)うち ため こと とき ところ はず ふう ほど もの わけ

③接続詞はかな書きする
(例)あるいは および しかし したがって すなわち そのうえ ただし ところが なお

④助動詞・助詞はかな書きする
(例)ごとき(ごとし) そうだ べき(べし) くらい(ぐらい) だけ ながら など ばかり ほど

⑤補助的に用いられる用言はかな書きする
(例)ある いる まる できる てあげる ていく ていただく ておく てください てくる てしまう てみる(動詞)

⑥接頭語・接尾語はかな書きする
(例)お願い ご依頼 み心 うち消す かき消す 子供ら 若者たち 6時間ごと 淋しげ

感動詞はかな書きする
(例)ああ あら いえ

⑧連体詞はかな書きする
(例)ある あの この きたる

⑨副詞はかな書きする
(例)あくまで いよいよ おおよそ かなり くれぐれ こもごも さほど すぐ しばしば たまたま とにかく なかなか ほぼ もはや よほど