夜と霧

 

夜と霧 新版

夜と霧 新版

 


本書は、ユダヤ人としてアウシュヴィッツに囚われ、奇跡的に生還した著者の「強制収容所における、いち心理学者の体験」が綴られている。。著者のおびただしい小さな苦しみが描写されているが、壮大な地獄絵図は描かれていない。

著者のフランクルは1905年、ウイーンに生まれる。ウイーン大学在学中にフロイトアドラーに師事し、精神医学を学んだ。第二次世界大戦中、ナチスにより強制収容所に送られた体験を、戦後まもなく「夜と霧」に記した。

 

神の奇跡

収容者はおおむね、生存競争のなかで良心を失い
暴力も仲間から物を盗むことも
平気になってしまっていた
そういう者だけが命をつなぐことができたのだ
何千もの幸運な偶然によって、あるいは
お望みなら神の奇跡によってと言ってもいいが
とにかく生きて帰った
しかし、いい人は帰ってこなかった

 

慣れる存在

人間にはなんでも可能だという驚き
収容所暮らしでは、一度も歯磨きをせず
極度の栄養不足でも、歯茎はかつての栄養状態の
良かったころより健康だった
また、傷だらけの手は土木作業のために
汚れていたのに、傷口は化膿しなかった

人間はなにごとも慣れる存在だ、と定義した
ドストエフスキーがいかに正しかったかを
思わずにはいられない
人間はなにごとにも慣れることができるというが
それはほんとうか
ほんとうならそれはどこまで可能か、と訊かれたら
わたしは、ほんとうだ
どこまでも可能だ、と答えるだろう
だが、どのように、とは問わないでほしい ...

 

生きる意味

「なぜ生きるかを知っている者は
どのように生きることにも耐える」(ニーチェ

生きる目的を見出せず、生きる内実を失い
生きていてもなにもならないと考え
自分が存在することの意味をなくすとともに
頑張り抜く意味も見失った人は痛ましいかぎりだった
そのような人びとはよりどころを一切失って
あっというまに崩れていった

 

初版刊行と同時に、「アンネの日記」と同じくベストセラーとなる。2002年に発行された新訳版は、かつて掲載されていた凄惨な写真が省かれているが、格段に読みやすくなっている。フランクルアドラーの影響もあり、「生きる意味」について述べているところは通ずる部分がある。以前の投稿、「人生の意味」を参照。