きょうも読書

言葉の迷路を彷徨う

上野千鶴子さんの東京大学入学式祝辞

あなたたちのがんばりをどうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください 異文化を怖れる必要はありません人間が生きているところでならどこでも生きていけます 4月12日、東京大学の2019年度入学式が日本武道館で行われた。祝辞には女性学のパイオニアであ…

仕事ができる人は朝が早い? 村上春樹は4時起き

「成功者は早起き」だとか「朝型人間が成功する」といった考え方が、世の中にはあります。確率から見たら、そうだと思いますが ... 早起きをしてどんなメリットを得たいのか?早起きをして何をするのか? 自分なりの指針がないと形だけに終わります。ぜひ皆…

マルサス『人口論』 若き天才の作品

戦争や疫病、飢餓などが人口増を食い止めるために必要貧しい人をむやみに助けるべきではない ダーウィンにも多大な影響を与えたマルサスの『人口論』 マルサス『人口の原理』の影響 イギリスの経済学者トーマス・マルサスは1798年に『人口の原理(人口論)』…

『キャンパスの雨』 三好京三

岩手の分校の小学校教師が都会の大学(通信教育)へ入学スクーリングで訪れた東京での奮戦記 キャンパスの雨 (文春文庫 (231‐7)) 作者: 三好京三 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 1985/12/01 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る あらすじ 中年の…

名著『外国語上達法』を読む

有名私立大学の教授が勧める1冊そこには習得を容易にするコツがあった 外国語上達法 (岩波新書 黄版 329) 作者: 千野栄一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1986/01/20 メディア: 新書 購入: 32人 クリック: 345回 この商品を含むブログ (83件) を見る 千…

『種の起源』 ダーウィンの進化論

指折りの科学者チャールズ・ダーウィン 彼の学生生活やビーグル号の旅をたどりながらダーウィンの進化論の神秘を説く (長文です) 地球 ...数知れないほどの生命が生まれ子孫を残しては死んでいく そうして生命はこの星を覆いつくした 学校ぎらいのチャール…

読まずに死ねない名著「古典は人生の栄養です」

今こそ読みたい絶対名著知のソムリエが選ぶ名著の数々 *「日経おとなのOFF 2018年8月号」より抜粋。詳しくは本誌をご覧ください 日経おとなのOFF 2018年 8 月号 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2018/07/06 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (1件) …

『キャラメル工場から』 もうひとつのプロレタリア文学

大江健三郎も認める近現代文学の流れのなかで最上の短編小説の書き手である佐多稲子 小林多喜二の『蟹工船』と同時期に発表された、佐多稲子の『キャラメル工場から』にも労働者の姿がありのままに描かれている。そこにあるのは「少女たちの集団労働」だ。 …

アメリカが「世界の警察」をやめたら

アメリカが「世界の警察」をやめたら同盟国は国債を売りに走りドルは暴落することに 本書『ニュースの”なぜ?”は世界史に学べ2』から備忘録用として要約しています ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ 2 日本人が知らない101の疑問 (SB新書) 作者: 茂木誠 出版…

凧になったお母さん 野坂昭如

昭和20年夏、アメリカの空襲で火の海となった町の中カッちゃんとお母さんは近くの公園に避難しますが ... 凧になったお母さん (戦争童話集 忘れてはイケナイ物語り) 作者: 野坂昭如,黒田征太郎 出版社/メーカー: 日本放送出版協会 発売日: 2002/07 メディア:…

なぜ約30年ごと? 次世代の新しい聖書

変わらない言葉を変わりゆく世界に 31年ぶり、ゼロから翻訳した新しい聖書 翻訳聖書も絶えず深化し発展 約30年ごとに出版される新しい翻訳「聖書 聖書協会共同訳」が2018年12月に発売された。聖書とは、神が人間一人一人へ語りかけている言葉。現代を生きる…

学歴より大切なもの

新たな階級社会となりつつある今の日本社会をどう生きるべきか 学歴より大切なものを日本史から学ぶ *本書『ニュースの”なぜ”は日本史に学べ』から、あくまでも備忘録用として要約しています ニュースの"なぜ"は日本史に学べ 日本人が知らない76の疑問 (SB…

宇多田ヒカル 文学のような作品

私の作詞は作曲から始まる 幼い頃小説家になることを夢見ていた 宇多田ヒカルの時を超える言葉 一貫しているのは、作品の世界に作者の自我の痕跡を残さないような作風と、アルバムごとに日本語とより真摯に向き合ってきたこと 日本語表現の性質については萩…

聞く、聴く、訊く 3つの「きく」

「聞く」は意識しないで音が耳に入る 「聴く」は意識して音に耳を傾ける 「訊く」は尋ねる、問う 英語ではこんな感じ 「聞く」 hear 一方的に聞こえる(受動的) 「聴く」 listen 自ら傾聴する(能動的) 「訊く」 ask 尋ねる、問いただす 「聞く」は、「物…

「ら抜き言葉」 文章術

時代が変われば、言葉も変わる 「ら抜き言葉」は標準に? 「見れる」「食べれる」といった「ら抜き言葉」。一部の人には評判がよろしくない使い方だが、文化庁の2015年度「国語に関する世論調査」では、「ら抜き言葉」を使う人が、使わない人の割合を初めて…

映画『ボヘミアンラプソディ』 感想コメント集

フレディ・マーキュリーの生き様と伝説のバンド<クイーン>の32曲で贈るミュージック・エンターテイメント! YouTube 『ボヘミアンラプソディ』の予告映像にあげられた感想コメント集 グッとくる。絶対泣けるね。最後の「ドンドンパッ」が心臓の鼓動のよう…

小林秀雄 『学生との対話』

全国の大学から集まった学生達との胸を打つ対話の記録です 学生との対話 (新潮文庫) 作者: 小林秀雄,国民文化研究会,新潮社 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/01/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 小林秀雄(こばやしひでお) 1902…

三島由紀夫『豊饒の海』初の舞台化

又、会ふぜ。きつと会ふ。 三島由紀夫畢生(ひっせい)の大作「豊饒の海」初の舞台化 4冊からなる大河小説を一舞台作品として創作する史上初の試み。三島由紀夫の「美」の象徴とも言うべき松枝清顕に、東出昌広が出演。 「又、会ふぜ。きつと会ふ。」という…

帝国主義諸国の植民地政策 小室直樹

獣なみの欧米帝国主義国家ジェノサイドで世界征服を目ろむ イギリスの帝国主義など 帝国主義の全盛 ナポレオン戦争以後、ヨーロッパ内の戦争と革命、産業革命の完成にともなう経済の再編など、しばらく国内問題に忙殺されていたヨーロッパ列強も、1878年のベ…

石川啄木 『一握の砂・悲しき玩具』

貧しさと病苦にあえぎながら27歳にして世を去った天才歌人 一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集 (新潮文庫) 作者: 石川啄木,金田一京助 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1952/05/19 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 47回 この商品を含むブログ (51件) を…

「真理はあなたを自由にする」 ヨハネ福音書

「リベラルアーツは人を自由にする」は、「真理はあなたを自由にする」から来ている 国立国会図書館 物事の本質を見抜く目 激変の時代、先が見えにくい時代においては座標軸が不可欠だ。その軸を与えてくれるものがリベラルアーツになる。また、物事の本質を…

ツルゲーネフを凌ぐ美男作家 米原万理

Anton Pavlovich ChekhovWikipedia ロシア文学史上ツルゲーネフを凌ぐ美男作家といえばチェーホフだろう 青年時代の写真はドキッとするほどセクシーだ 米原万理「モテる作家は短い!(1999年)」より 米原万理(よねはらまり)1950 - 2006年 ロシア語同時通…

「わかりやすく話す」2つのコツ

話し上手な人は「。」が多い ① 結論や重要なことを先に伝える② マルの多い話し方をする 話し上手な人の2つの特徴 職場などで「何が言いたいのかさっぱりわからいない」「もっと要点を整理して話したらいいのに」などと思ったりしたことがありませんか。自分…

『読書について』 ショーペンハウアー

読書は他人の頭で考えることでしかない必要なのは自分の頭で考えること ショーペンハウアー哲学をわかりやすく理解させてくれる最良の入門書 Arthur Schopenhauer アルトゥル・ショーペンハウアー1788-1860 ポーランド・リトアニア共和国・グダニスク生まれ…

ロシア料理の名店「スンガリー」60周年

ロシア料理がこんなに美味しいとは知らなかった東京で食べられる唯一のお店が60周年その歴史を見てみよう 本格的なロシア料理店 2017年に60周年を迎えた、歌舞伎町の老舗ロシア料理店「スンガリー」。歌舞伎町に店舗を移転したのは1960年。それ以来ここで営…

「学ぶ力」 内田 樹

「学力低下」という事態の本質は「プライドが高い」ことにある 内田 樹(うちだたつる)1950年東京都大田区生まれ。日本の哲学研究者、コラムニスト、思想家、倫理学者、武道家、翻訳家。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学人文学部客員教授。東京大学文…

『世界の名著』 マキアヴェリからサルトルまで

ふるいもののなかにこそ真の新しいものがある。過去の名著が現在をこえて未来につながる 世界の名著―マキアヴェリからサルトルまで (中公新書 (16)) 作者: 河野健二 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 1963/06 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3…

漢字の少ない文章のほうが読みやすい

ひらがなを多くすると格段に読みやすい文章になる ひらがなが多い文章は早く読める 漢字の多い文章は単に読みずらいだけでなく、堅苦しさや仰々しさが感じられる。逆に、ひらがなの多い文章は読みやすく、そして早く読むことができる。これは読み手への気づ…

河合隼雄 『こころの処方箋』

人間関係のしがらみに泣きたくなったとき助けになってくれる一冊 こころの処方箋 (新潮文庫) 作者: 河合隼雄 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1998/05/28 メディア: 文庫 購入: 34人 クリック: 301回 この商品を含むブログ (166件) を見る 河合隼雄(かわい…

『知の越境法』 池上 彰

すぐ役立つものは、すぐに陳腐化する「役に立つこと」は教えない 知の越境法 「質問力」を磨く (光文社新書) 作者: 池上彰 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2018/06/13 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る Wikipedia Liberal Arts 自由七科…