映画「ブルックリン」

 

 

ブルックリン

2015年 アイルランド、イギリス、カナダ
配給 20世紀フォックス映画
アカデミー賞
作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネート

 

 

あらすじ

1950年代、アイルランドからニューヨーク・ブルックリンにやってきた移民の少女の青春や揺れ動く心を描く。
大人しく目立たない性格のエイリシュは、妹の将来を案じた姉の勧めで、アイルランドの小さな町からニューヨークへとやってくる。それまでとはあまりに異なる大都会での生活に戸惑うエイリシュは、しかしイタリア系移民の青年トミーとの恋をきっかけに大きく変わっていく。洗練されたニューヨーカーとして生き生きと過ごす日々だったが、そんな彼女のもとに故郷からある悲報がもたらされる。

 

移民の町ブルックリン

夢と希望を持って辿り着いたブルックリン、そこは移民の町。エイリシュはたびたび緑色の服を着ているが、それは母国アイルランドの国を表す大切な色だから。その服の色が次第に町に馴染むように変わっていく。クリスマスの日、たくさんのホームレスが集まってくるカトリックの教会でボランティアを頼まれる。
食事にありつけたホームレスは、お礼に歌を披露する。教会に響き渡るその美しい歌声にエイリシュは故郷を思い出し、涙が頬をつたう。神父が言った、彼らは今は住むところもないが、この道路や橋をつくり、このアメリカをつくったんだと。

時代は変わって、昨今多数の移民票を得て大統領になったトランプ。彼の所有する多くの建物も、ポーランド系の移民がつくった。そして次はその移民を締め出そうとしている。今回は恋愛ストーリーとしてだけでなく、移民について考えるいい機会に。派手さはないが、しっとりとした、美しい映画になっている。